はじめに

こんなことでお困りではないですか?


・遺言の書き方がわからない

◎遺言には決まった書き方があるのをご存じですか?

遺言は遺言者の死後に効力が発生し、その相手を拘束する力を持ちます。
そのため、遺言で決められる内容は法律で決まっており、それに反した内容は無効になってしまいます。


・特定の人に財産を残してあげたい

例えば・・・
・自分の看病をよくやってくれた血の繋がりのない人へ。
・家業を継いでくれた子供へ。
・思い入れのある施設や団体など。

遺言で意思表示をしておかないと、その気持ちが実現しない可能性があります。


・自分の死後、平穏に財産が分けられるか心配

遺産はあるけれど、家族の仲があまり良くなかったり、すでに疎遠な場合・・・
遺言を残しておくことで家族間の紛争を未然に防止できる場合があります。


・亡くなった方の金融機関の解約、戸籍の収集が面倒

家族が亡くなると、やらなければならない事がたくさん見えてきます。
「金融機関の解約」や「遺産分割協議書の作成」「不動産の移転登記(※)」そして戸籍の収集など、慣れない人にはとても大変だと思います。

※登記手続きはパートナーの司法書士の業務となります。


その悩み、
当事務所におまかせ下さい!


当事務所では遺言の作成や相談業務をメインに行っております。
上記のことでお困りの皆様に寄り添い、一緒にお悩みの解決に向けて全力で取組みます。
遺言・相続でお悩みの方は、ぜひ一度ご連絡下さい。


お問い合わせ、ご相談はこちらから

※お問い合わせフォーム、
または直接お電話ください。

青砥薫行政書士事務所

〒326-0814
栃木県足利市通3丁目2589番地
織物会館3階A-BOX B-2号室

TEL 080-5004-4950